独自性を持ったseを育てる必要性

IT業界に新規参入して市場を拡大するためには、斬新なシステムを開発することが欠かせません。ニッチを切り開いてIT業界内での立ち位置を作り上げることができても、既存のシステムを成長させると共に新たなシステムを生み出していかなければ企業成長は達成できないという特徴があります。その原動力として不可欠なのがseであり、いかに斬新性が高くて売上につなげられるシステムを作り上げられる人材を手に入れるかが重要となってきました。

優秀な人材を確保して企業内で育て上げることにより、経営方針に合った専門性の高いシステムを開発できるようにするのが基本的な考え方です。ですが、問題となっているのがITの急速な発展であり、そのスピードに人材のレベルが追いついていないことが多くなってきています。入社時点で必要とされるレベルにはそれほど大きな差がないにもかかわらず、企業で必要とされるレベルが知らぬうちに高くなる一方なのがIT業界の特徴であり、そのギャップは大きくなり続けているのです。

そのため、人材育成を積極的に行わなければならない状況が生まれています。ただseを育成すればいいというわけではなく、そこに独自性を生み出さなければ競争に勝ち残れるほどの力を持った人材を生み出せません。世の中でいわれているような基本的なスキルを身につける機会を与えるだけではなく、企業としての経営方針に合った専門性の高い人材を生み出すために独自の育成方法を生み出すのが重要課題となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です